きっかけは葡萄の不作!? 「格付け」をワイン選びに活用しよう

きっかけは葡萄の不作!?
「格付け」をワイン選びに活用しよう

ワインは法律によって格付けされている

主なワイン生産国ではワインに格付けを行っています。格付けとはワインに「並」や「上」といったランクを付けることです。これは1930年代のフランスで、葡萄の不作が続き、ワイン業界が低迷しているさなか、有名産地をかたったワインが大量に出回ったこのから、偽物を排除するために、法律で定められ た基準をもとに、格付けを行ってラベルに明記するようになりました

つまりは、おいしさで付けられるものではなく、産地の保障という意味になりますが、偽者が出回るほどの信頼ある産地ですから、やはり美味しいワインと出会える可能性が高いことになります。

国によって違う格付け

格付けは国によって呼び方は違いますが、似たような分類なので、覚えやすいです。たとえばフランスでは、最上級のワインをAOCといます。AOCのワインは、ラベルに「Appellation d’Origine (産地・地区名) Controlee」という表示がされています。

フランス テーブルワイン Vins de Table
ヴァン・ド・ターブル
地酒 Vins de pays
ヴァン・ド・ペイ
原産地名称上質指定ワイン(上級) A.O.V.D.Q.S.
(Appellation d'Origine Vin Délimité de Qualité Supérieure)

アペラシヨン・ドリジーヌ・ヴァン・デリミテ・ド・カリテ・スペリュール
原産地統制名称ワイン(最上級) A.O.C. (Appellation d'Origine Contrôlée)
アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ
ドイツ テーブルワイン Deutscher-Tafelwein
ドイチャー・ターフェルヴァイン
地酒 Landwein
ラントヴァイン
生産地限定上質ワイン(上級) Q.b.A. (Qualitätswein bestimmter Anbaugebiete)
クヴァリテーツヴァイン・ベシュティムター・アンバウゲビーテ
生産地限定格付け上質ワイン(最上級) Q.m.P. (Qualitätswein mit Prädikat)
クヴァリテーツヴァイン・ミット・プレディカート
イタリア テーブルワイン Vino da Tavola
ヴィーノ・ダ・ターヴォラ
地酒 I.G.T. (Indicazione Geografica Tipica)
インディカツィオーネ・ジェオグラフィカ・ティピカ
原産地統制名称ワイン(上級)
D.O.C. (Donominazione di Origine Controllata)
デノミナツィオーネ・ディ・オリジネ・コントロッラータ
保証付原産地統制名称ワイン(最上級) D.O.C.G. (Denominazione di Origine Controllata e Garantita)
デノミナツィオーネ・ディ・オリジネ・コントロッラータ・エ・ガランティータ
スペイン テーブルワイン Vino de Mesa
ヴィノ・デ・メサ
地酒 Vino de la Tierra
ヴィノ・デ・ラ・ティエラ
原産地名称ワイン(上級) D.O. (Donominación de Origen)
デノミナシオン・デ・オリヘン
特選原産地名称ワイン(最上級) D.O.C. (Donominación de Origen Calificada)
デノミナシオン・デ・オリヘン・カリフィカーダ
ポルトガル テーブルワイン Vinho de Mesa
ヴィニョ・デ・メーサ
地酒 Vinho Regional
ヴィニョ・レジオナール
産地限定上質ワイン(上級) I.P.R. (Indicaçâo de Proveniência Regulmentada)
インディカソン・デ・プロヴェエンシア・レギュルメンターダ
原産地統制名称ワイン(最上級) D.O.C. (Denominaçâo de Origem Controlada)
デノミナサン・デ・オリジェン・コントロラーダ)

高品質なワインほど、産地名が狭い範囲

ラベルに記載された産地名は、実は重要な意味を持っています。フランスワインの場合「ボルドー」や「ブルゴーニュ」というように地方名しか書いてい ないものもあれば、「メドック」「サン・テミリオン」などの地区名、村の名前、畑の名前というように細かく記載されているものもあります。実は、一般的に 産地名が狭い範囲に特定されているものほど、高級なワインだと言えます

おいしいワインの選び方