ワインラベルはココを確認!ワインの味を左右する4つのポイント

ワインラベルはココを確認!
ワインの味を左右する4つのポイント

ワインラベルに全てが記載されている

ワインに詳しくない人は、ワインラベル(エチケット)のデザインだけで選ぶことが多いですが、ラベルからわかることはデザインだけではありません。そのワインの全てがラベルに書かれているのです。ワイン名や年代はもちろんですが、産地やランク、どんな葡萄を誰が造ったかなど細かく記載されています。

ただしフランス語、ドイツ語、イタリア語など生産国の言語で記載されているため、語学力がなければ読むことは難しいので、ラベルの記載ルールを理解することから始めてください。

ワインによって記載内容や記載箇所などに違いがありますが、基本的な記載は次のようなものがあります。

  • 銘柄
  • 産地名
  • 葡萄の品種
  • 生産者
  • 畑名
  • ヴィンテージ
  • 格付け
  • アルコール度数
  • 容量
  • 原産国

ワイン選びに重要なワインラベルの4つのポイント

上記のようにワインラベルには様々な情報が記載されており、読むだけでもどのようなワインなのかが分かるようになっています。しかし、しっかりと記載されているからこそ何を基準に選べばよいのかが分かりにくいのも事実です。ただでさえ各国の言葉で書かれているので、読みにくい。

そこで、ワイン選びの際に特に重要な4つのポイントを紹介します。

葡萄の品種

ワインの個性を決めるベースとなるのが、葡萄の品種です。この葡萄をどのような環境でどのように製造するかでワインの味が左右されてきます。

日本で飲まれることが多いワインには、シャルドネ、ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨンなどが多いです。葡萄の品種は記載されていないことも多いですが、生産地ごとに栽培されている品種も限られており、ある程度予想することもできます。

生産地

同じ葡萄の品種でも土壌によって味も変わってきます。フランスならボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、ロワール。イタリアならピエモンテ、トスカーナなどが有名で、生産地によって土壌のミネラルバランスや水分量などの違いが味の変化を生み出しています。

テーブルワインなどの低価格なワインで無い限り、生産地は記載されているので、ぜひ確認してみてください。

ヴィンテージ

ヴィンテージとは、葡萄の収穫年です。葡萄は、同じ品種、同じ生産地でも、その年毎の気候が葡萄の出来に影響を与える為、あたり年やはずれ年があります。

あたり年の葡萄は酸味や甘みが強く、長期熟成に向いた良質のワインが作られます。ただし、はずれ年だからといってダメなワインと決め付けるものではなく、その味の違いもワインの個性と考えるのがワインの楽しみ方です。

ちなみに、収穫年が違うワインをブレンドしているテーブルワインなどではヴィンテージは記載されていません。

生産者

最終的にワインの良し悪しを決めるのは造り手です。造り手の感性、こだわり、経営方針などがワインの良し悪しや個性に影響を与えます。同じブルゴーニュワインでも様々な造り手が存在するので、造り手の違いで飲み分けてみても面白いかもしれません。

おいしいワインの選び方