レストランで恥をかかないワインの選び方 (注文編)

レストランで恥をかかない
ワインの選び方 (注文編)

ソムリエに任せることは恥ずかしいことではない

ワインは膨大に種類がありますし、お店によっておいているワインが違います。相当のワイン好きでもなければ名前や味わいを知っている人は少ないです。ワインリストを見てもどれを選んでいいかわからなくても恥ずかしがることはありません。ワイン選びに悩んだときは堂々とソムリエに選んでもらいましょ う。

むしろ、よく分からないのに自分で注文して、見当違いのワインを飲む方が恥ずかしいですね。ぜひプロに任せて最良のワインをスマートに注文してみてください。

希望を伝えると、さらにGood!

ソムリエとは、ワインに限らずレストランの飲み物全般を管理・サービスする人です。特別に欲しいワインがなければ注文した料理にあるワインをソムリエに選んでもらいましょう。

そのときに軽いタイプのワインが良いのか、重いタイプのワインが良いのかなどの、好みを伝えると料理とあなたの好みから、 ぴったりのワインを選んでくれます。

つまり、レストランでのワイン選びで失敗しない為には、いかに自分で料理に合うワインを選び出すのかではなく、いかに自分の希望をスムーズにソムリエに伝えられるかが、レストランでのワイン選びには大切です。

ソムリエに選んでもらうときの注意点

ソムリエにワインを選んでもらう場合、ひとつ注意点があります。それは「予算」をしっかりと伝えるということです。ワインは数千円の気軽に 飲める価格のものから、数十万円もする高額な価格のものまであります。全てをソムリエに任せていると、領収書に驚かされることになりかねません。

もし、デートや接待などで、相手に値段を知られたくいないときもあります。こういうときは、さりげなくワインリストの希望値段のところをさして、「これくらいのワインをください」といえば良いです。相手もプロですから、状況を理解して、予算にあったワインを選んできてくれます。

おいしいワインの選び方