高額なワインほど美味しいんじゃないの?価格を決める要素とは

高額なワインほど美味しいんじゃないの?
価格を決める要素とは

ワインの価格は需要と供給によって決まる

ワインの価格はピンキリです。お店の棚にズラズラっと無頓着に並べられるような安価なものもあれば、ワインセラーに入れられ、保管されるような数十万円するようなワインもあります。日本酒にも高価なものは結構ありますが、高くても数万円です。ワインのように数十万円するような日本酒は極めて珍しいで す。

この違いは、ワインの「良質なものほど大量には生産できず。長期熟成によって質が向上する」というワインの特性にあります。つまり品質の良いワインほど数が少ないため「希少性」が生まれやすいのです。

すると、需要と供給のバランスによって価格が決まります。より希少性が高まったり、鑑定家のお墨付きがついたり、人気が出ることで、価格はどんどん上がります。このように価格が上がることもワインの魅力の一つとも言えます。

美味しさは価格に比例するのか?

基本的に高額なワインほど、良質ですが、必ずしも価格と味が比例するとは限りません。

例えば、1,000円のワインと1万円のワインは明らかな味の違いがありますが、1万円と2万円が必ずしも大きな違いがあるとは限りません。
そして高額なワインでも保存状態によっては、数千円のワインに劣ることもあります。

手頃な価格でもおいしいワインはたくさんありますので、そういった掘り出し物を探すのもワインの魅力です。

コルクの長さは、ワインの価格に比例する

ワインの栓に使われているコルクはスペインやポルトガルに生えるコルク樫の樹皮から造られています。コルクは弾力性と復元力に優れています。そのため、ボトルに栓をするときにコルクを圧縮して打ち込み、コルクの復元力によってボトルの内側に密着し栓をしているのですが、ワインを何本も飲んでいると、そのコルクの長さがワインによって違うことに気づくと思います。

実はコルクの長さは、ワインの値段とほぼ比例しているんです。

というのも長いコルクほど密閉性に優れているため、熟成期間が長い高級なワインには5.5センチ以上の長いコルクが使われます。反対に長期熟成させる 必要のない手頃な価格のワインには、3センチほどの短いコルクが使われるのです。

おいしいワインの選び方