レストランで恥をかかないワインの選び方(ホスト・テイスティング編)

レストランで恥をかかないワインの選び方
(ホスト・テイスティング編)

テイスティングはソムリエに頼んでも大丈夫

レストランでワインを選ぶと、実際に飲む前にホスト・テイスティングをします。ホスト・テイスティングとは、ラベルやコルクをチェックして注文した 通りのワインかどうか、味見をして、色・香り・味をチェックし変質したワインではないかどうかを、チェックすることを言います。基本的にはソムリエの人が ワインのラベルやコルクを注文した人に見せ、グラスに少量のワインを注いでくれます。色、香り、味をチェックし、特に異常がなければ「けっこうです」「おいしいです」などと言って、了承の意思を示せば良いです。

ただ、ワインの味の異常は飲みなれた人でなくてはわからないことも多いので、ワインの変質の判断はソムリエに任せてしまっても問題ありません。

ホスト・テイスティングに挑戦

1.ラベルのチェック

ソムリエがワインのラベルをホスト側(あなた側)へ向けて見せます。ワイン名、ヴィンテージ、造り手などが注文どおりか確認する。また、コルクが抜かれていないかを確認することも忘れてはいけません。

2.コルクのチェック

ソムリエが抜栓したコルクに刻まれたワイン名、ヴィンテージ、コルクの状態をチェックします。

3.テイスティング

グラスに一口分のワインが注がれますので、色、香り、味の順番でワインの状態を確認します。基本的にはワインを注文した人がしますが、ソムリエに頼んでも問題ありません。

4.承諾

もちろん味に異常を感じたら、ソムリエに確認をしてもらいましょう。ソムリエの方にテイスティングしてもらい、異常があれば、新しいものと取り換えてくれます。ただし、好みのワインではないからといって交換はしてもらえないので、ワインを選ぶときに、好みをしっかりと伝えて下さい。

おいしいワインの選び方