ワインオープナーの選び方 - 意外と多いコルク割れを防ごう

ワインオープナーの選び方
意外と多いコルク割れを防ごう

まずは、自分に合ったオープナーを使おう

ワインを開けるのは、慣れている人は実に簡単に開けていますが、初心者には結構難しいことです。スクリューがまっすぐ入らなかったり、コルクが割れてしまったりと苦戦した経験がある方も多と思います。

そんなときはオープナーを変えてみるとうまくいくかもしれません。オープナーというと、ソムリエの人が持っているソムリエナイフで開けられる と、抜栓から雰囲気を楽しめますが、初心者には難しいです。そこで、スクリュープルかテコ式を使ってみると、意外と簡単に開けることができるので試してみてください。

失敗の少ないワインオープナーが、あなたに合ったオープナーです。

コルクが途中でちぎれてしまったら・・・

オープナーのスクリューがまっすぐ入っていないと、コルクが途中でちぎれてしまうことがあります。長期間、ビンを立てて保存していた場合、コルクが乾燥し弾力を失っているのでなおさらです。

ビンの途中にコルクが残ってしまった場合は、突き落として念入りにデカンタージュしてください。コルクがボロボロになった場合は、コーヒーフィルターなどでこしましょう。

ワインオープナーの種類

コルクスクリュー

コルクスクリュー/ワインオープナー

スクリューをコルクにねじ込み、力でコルクを引き抜くタイプ。抜くときに「ポンッ」と音が出てしまい、力任せに引き抜くため、ボトルが揺れて、こぼしやすい。

スクリュープル

スクリュープル/ワインオープナー

頭の部分を回していくだけで、コルクにねじが入り、次にコルクが押し上げられてくる。回すだけで抜けるため、比較的簡単ですが、コルクの屑がボトル内に落ちる。

テコ式

テコ式/ワインオープナー

頭の部分を回して、コルクにネジを入れていく。すると両側の柄が上がってくるので、この柄を押し下げると、テコの原理でコルクが抜けます。力も要らず、初心者でも簡単に抜栓できます。

ソムリエナイフ

ソムリエナイフ/ワインオープナー

コルクにネジを入れる時に、まっすぐ入れることが難しいので、コルクが割れるなど慣れないうちは失敗しやすい。難しいですがソムリエナイフで開けると雰囲気が良い。

女性も安心のガス式ワインオープナー

科学の進歩というような大げさなものではないですが、ビンの中にガスを注入しガスの力で簡単にコルクが抜けてしまうというガス式のものが人気です。女性の方でも力も要らず、失敗もほとんどありません。コルクを割ってしまった経験をお持ちの方や、絶対に失敗したくない高価なワインを飲む際には、ぜひ検討してください。私もおすすめします。

ワイングッズ