ワインの歴史 ~はじまりは潰れた葡萄~

ワインの歴史
~はじまりは潰れた葡萄~

はじまりは潰れた葡萄

葡萄の木は、人類よりも古くから自生していたと言われています。そしてその実が地面に落ちて潰れて、果皮についている天然の酵母によって発酵しワインの原点となるものが生まれたのがワインの起源と考えられています。

では、人類がワインを製造し始めたのはいつごろでしょうか?

なんと世界で最初に生まれた文明と言われるメソポタミア文明の紀元前4000年頃の遺跡から、果実の果汁を搾る為の石臼が発見されており、ワインを造る目的で葡萄の木も栽培されていました。

メソポタミアは、チグリス川とユーフラテス川の間のあたりで、現在のイラクに相当します。ワイン言えばヨーロッパをイメージしてしまいがちですが、ヨーロッパでのワイン造りはまだまだ先のことなんです。

ワインに関する文献として最も古いものは、紀元前4000~5000年頃の出来事をシュメール人が書いた古代バビロニアの英雄誌「ギルガメシュ叙事詩」と言われています。ちなみにビールもこの頃から作られているんです。ただし、この頃のワインは酸化していて飲みにくかった為、水や蜂蜜を混ぜて飲んでいたようです。

他にも、紀元前3100~1500年に栄えたエジプト王朝のピラミッドの壁画にブドウ栽培やワイン造りの様子が描かれていたり、紀元前1800年から1700年頃に制定された”目には目を”の一節で有名な古代バビロニアのハムラビ法典では、ワインの売買に関する法律が記載されており、日常的にワインが飲まれていたことがわかります。

ヨーロッパにワインを広めたジュリアス・シーザー

メソポタミアに始まったワイン造りは紀元前1500年頃にクレタ島、エーゲ海の島々を経て、紀元前1000年頃はギリシアへ伝わり、ギリシャ神話でも酒神バッカス神話となって登場し、神から与えられた神聖な飲み物として扱われるようにります。

そして紀元前600年頃、フェニキア人(現在のレバノン近辺を中心に住んでいた民族)によって、南フランスのマルセイユ地方に伝えられ、その後、勢力を強めてきたローマ人によってヨーロッパ全土に拡大していきます。

特にヨーロッパでのワイン造りの文化が拡大していった経緯には、ローマ帝国の拡大と将軍ジュリアス・シーザーが大きく関係しています。紀元前58~51年にガリアを征服し、ローマ帝国がヨーロッパに拡大すると共に、占領地区ごとに葡萄畑を造り、ワイン造りを広めたのです。ジュリアス・シーザーによって、ローヌ河流域、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、ロワールに広められ、ボルドーや南西地方は、ローマの3執政の一人マルクス・ル シニウス・クラッススによって広められました。

ちなみに、当時アンフォーラと呼ばれる素焼きの壷で貯蔵、運搬されていたワインは、ガリアでビール醸造に用いられていたオーク樽と出会い、以後、ワインの貯蔵にはオーク樽が使われるようになりました。

ワインを楽しむ基本の知識