これもワインだったの?赤・白・ロゼだけではないワインの種類

これもワインだったの?
赤・白・ロゼだけではないワインの種類

もっとも知られているのは スティル・ワイン

ワインに詳しくない人の多くは、ワインと言えば赤ワイン、白ワイン、ロゼワインを想像すると思いますが、これらはスティル・ワインと呼ばれるワインの1タイプでしかありません。

ワインには製法上の分類で分けると4分類に分けることができ、スティル・ワインの他に、スパークリング・ワイン、フォーティファイド・ワイン、フレーヴァード・ワインがあります。

4つに分けられるワインの種類

スティル・ワイン

多くの人がワインと聞いて想像するワインです。「泡立っていない静かなワイン」という意味で加工されていない最も基本的なワインで、葡萄の品種や製造方法によって赤ワイン、白ワイン、ロゼワインに分類され、それぞれに辛口、甘口があります。

スパークリング・ワイン

炭酸ガスが含まれ、泡立つワインです。二次発酵で発生した炭酸ガスをボトル内に封じ込めたり、醸造後に炭酸ガスを注入する方法などがあります。このワインの代表がシャンパンです。炭酸が含まれたワインを全てシャンパンだと思っている方もいますが、シャンパンと名乗れるのはフランスのシャンパーニュ地方で作られたものだけです。その他にはスペインのカヴァ、イタリアのスプマンテなどが有名です。

フォーティファイド・ワイン

発酵中や発酵後にブランデーなどの強いお酒を加えたもの。アルコール度数が高く酒精強化ワインとも言われます。保存性が高く、長く楽しめるのが特徴で、スペインのシェリー、ポルトガルのポートワインやマデイラなどが有名です。

フレーヴァード・ワイン

果汁、香草、薬草、香辛料などで香り付けをしたワインです。有名なものにはイタリアのヴェルモットや、ワインにリンゴ、オレンジ、レモンなどを漬け込んだ自家製のフレーヴァード・ワインであるスペインのサングリアなどがあります。

ワインを楽しむ基本の知識